お知らせ 【重要なお知らせ】iOSアプリの運用および提供を2024年6月3日(月)を以て終了いたします。詳細は お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mar

5

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方

~NRIネットコム TECH AND DESIGN STUDY #25~

Organizing : NRIネットコム株式会社

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方
Hashtag :#nncstudy
Registration info

参加枠1

Free

Attendees
56

Attendees
_kotetsu_
かいぬ
omuron
kimuraken
Mitsutoshi
kuta11
Hidekazu Konishi
samon-san
nemusika
yukiyama1335
View Attendee List
Start Date
2024/03/05(Tue) 19:00 ~ 20:00
Registration Period

2024/02/06(Tue) 17:40 〜
2024/03/05(Tue) 20:00まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

発表概要

今回のTECH & DESIGN STUDYは、当社クラウドエンジニアから、コンソールで学ぶ!ECSの機能とオプションについてと、AWSサービスだけを使って独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方について紹介します。

【1本目】

コンソールで学ぶ!ECSの機能とオプション

AWSでコンテナといえばECSですが、構築・運用していく上で使える機能やオプションはたくさんあります。
久しぶりにAWSコンソール上で見ただけでも、ECSで設定する項目がずいぶん増えた印象があります。連携するAWSサービスも様々です。
今回は、現状のECSの機能とオプションについて、実際のAWSコンソールを眺めながら、改めて学んでいきたいと思います。

登壇者

尾澤公亮
AWSをメインに、主にコンテナを用いたWebシステムインフラ運用に関わる業務に従事
2022年出版の「図解 Amazon Web Servicesの仕組みとサービスがたった1日でよくわかる」では、主にコンテナ領域の項目について執筆https://www.amazon.co.jp/dp/4815612811/

こんな方におすすめ

・これからAmazon ECSを学びたい方 ・ECSができることについて知りたい方 ・ECSコンソールと久しく戯れていない方

【2本目】

AWSサービスだけを使って独自データを扱える生成AIサービス(RAG)を作ってみよう

生成AIに最新データや独自データについて回答してもらう手法としてRAG(検索拡張生成)が注目されています。 今回はRAGについての基本的な解説を行い、Amazon BedrockをはじめとしたAWSサービスを活用してRAGを構築する方法をご紹介します。

登壇者

堤拓哉
社会人2年目のインフラエンジニア
業務ではAWSを中心としたデータ分析基盤の構築や運用を担当

こんな方におすすめ

・生成系AIに興味がある人
・RAGについて興味がある人やRAGを使ったアプリケーションを作ってみたい人

【日程・タイムスケジュール】

3/5(火)
19:00~19:03 オープニング
19:03~19:55 本編
19:55~20:00 アンケート・クロージング

開催方式

ZOOM ウェビナー
※本サイトよりお申し込みいただきましたら、招待URLをご連携いたします。

ハッシュタグ

#nncstudy

参加費

無料

注意事項

・イベントの内容やスケジュールは予告なく変更となる場合があります。予めご了承下さい。
 ・映像や音声は参加者様の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴下さい。
 ・配信サービス側でのトラブル発生時は予告なく中断されるおそれがあります。予めご了承下さい。

Feed

s2_ono

s2_onoさんが資料をアップしました。

03/25/2024 12:12

s2_ono

s2_onoさんが資料をアップしました。

03/06/2024 11:21

s2_ono

s2_onoさんが資料をアップしました。

03/06/2024 11:08

m2-kojima

m2-kojimaさんが資料をアップしました。

03/06/2024 10:13

s2_ono

s2_ono published ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方.

02/06/2024 17:41

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 を公開しました!

Ended

2024/03/05(Tue)

19:00
20:00

Registration Period
2024/02/06(Tue) 17:40 〜
2024/03/05(Tue) 20:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(56)

_kotetsu_

_kotetsu_

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

かいぬ

かいぬ

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

omuron

omuron

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

kimuraken

kimuraken

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

Mitsutoshi

Mitsutoshi

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

kuta11

kuta11

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

Hidekazu Konishi

Hidekazu Konishi

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

samon-san

samon-san

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

nemusika

nemusika

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

yukiyama1335

yukiyama1335

ECSの機能とオプションについてと独自データを扱える生成AIサービス(RAG)の作り方 に参加を申し込みました!

Attendees (56)